VERY8月号レビュー 麹町中学校・こんな学校あったらいいな

VERYレビュー
Pocket

千代田区立麹町中学校・工藤勇一校長の改革





東京都の千代田区、公立中学での、学び方改革の特集。教育現場一筋の校長先生が廃止した5つのこと。宿題、定期テスト、固定担任制、運動会のクラス対抗、服装頭髪指導! すごいな。特になるほどって思ったのは服装頭髪指導。命や人権にかかわること以外は重要ではない。だって。頭髪や服装で風紀が乱れることはない。フランスの高校生はピアスを開けるのが自然だけど、別に風紀は乱れてないですよね。国が変わったらOKなものは本質的にはかわりません。問題は大人が勝手に作っている。とのこと。

一番だめだと思うのは4階の教室のベランダの柵に・・・

新入生が入ってくると、校長自身が道徳の時間を持つ。そこで悪いと思われることを13個提示する。万引き、授業中に漫画、無視・・・自分が一番悪いと思うものを考えさせる。正解があるわけではないし、見事に結果はバラバラになる。校長自身が一番だめだと思ったのは、4階の教室のベランダの柵にまたがって遊んだというもの。=死ぬかもしれない危ないことだから。それに比べたら授業中のお喋りや居眠りはたいしたことではない、命や人権はレベルが違うほど大切ということを教えているそう。

行事もルールも生徒が主体

体育祭はクラス対抗、中3全員対抗リレーがなくなった。みんなが楽しめるものを・・・と。これ、私もすでに保育園で思ってるんですけど、先生がかなり力を入れてるマーチング(20分くらいある)が年中年長クラスにあって、一番の盛り上がりなんですよね。リレーもだけど。で、子供の成長を感じれるし、ほんとに感動するし、もちろん私も楽しみにしてるんですけど。

けど、5月から太鼓の練習してて、9月の運動会が終わったら今度は12月はうちの保育園目玉の和太鼓があるんですよね。先生の指導がまず大変だし、マーチングだけならいいんですけど、ダンスもあって・・・それももちろん感動するんだけど、親としては別に、子供が何しててもかわいいから、そこは障害物競走でも全然いいよって思っちゃったんですよね。子供も保育園で遊びたいって言ってて。ただの遊びの時間。運動場で遊ぶ時間ね。

運動会がやっと終わって、今はちょっと遊びの時間がとれてるけど、たぶんまた太鼓の練習がはじまる・・・前に市で働いてた保育関係の人と話したことがあったけど、和太鼓もいいけど、興味ない子には苦痛よね・・・って。全員で団結して何かに取り組むってそんなに大事なのかな~・・・とか。最近組体操も話題になってますけど、ケガしてまで団結させるのに何の意味があるんだろ?とか思います。

武田砂鉄のVERYな言葉狩り

肌見せおしゃれをマスターしたい!という記事にたいして「見せたきゃ見せればいいのに」「あいつのスカート短すぎじゃね」とヤンキー気質の女子みたいな感覚、とw おしゃれは自由に楽しむ時代、思い切ったもの勝ちですが、素敵に見られたいと思うならTPOは大事にしたい、という一文に関しての難癖!(笑)ほんと、VERYにこれ載せるってすごいですよね・・・

孤独死も自殺もひきこもりも男性が多いのは

クズな人間が増えたでおなじみのミヤダイ先生のコラム。若い世代ほど安倍政権の支持者が多い。為政者はらくですよ。ってこれほんまにVERY!?(笑)しかも平成30年間男のほうが女より5年以上感情劣化のタイミングが早い。正しさより損得という構えに崩れていき、クズ化している。それまでの社会が男に有利にできていたから。ってなぁこれほんまにVERY!?(笑)

ちなみに9月号は上野千鶴子登場

9月号もレビューします、女らしさってなんだろうみたいな特集だった・・・後ろのほう読んでる人っているんかな・・・w