いざ支援センターへ出陣!!

ママ友
Pocket

出産も初めての育児についてもとりあえずすっとばします。いまだにですが、長男のめんどくささ、神経質っぷりは新生児期からいかんなく発揮され、とにかく泣きわめいて寝ない赤ちゃんでした。寝ろよ。いまだに寝ないから、寝ろよ。

はじめての支援センター




私が住んでいる市は支援センターやママ向けの講座など、結構充実していて、1か月検診や、小児科や、色んな場所でチラシが置かれていました。その中で、一番家から近くて、1歳未満の赤ちゃんのママ集まれ!みたいな日がある支援センターに行ってみることにしました。忘れもしない、まだ3か月にもなってないくらいの、11月4日とかそれくらいだったと思います。

輪になってご挨拶

最初に施設利用の説明を受けたんですけど、たまたま同じく初めてきていたお母さんがいて、一緒に説明を受けることになったんですけど・・・そのお母さんがめっちゃ美人でした。結局その帰りにラインを交換するところまでこぎつけますが・・・現在は一切お付き合いがありませんね。はい。

地方のママって・・・

これはもう、地方のママとか関係ないんですけど、本当にその時に正直に思ったことを言うと、来てる人・・・・・・服、だっさ!!!!!!!!!でした。

はい、いきなりのディスりすみません。でもほんまに、服、だっさ!!!!!っていうね。え、そりゃめっちゃ田舎のほうやし、まさかveryみたいな、港区みたいな、そんなお母さんがいるなんて思ってないし、なんなら私だってファッション迷子になってジャングルさまよいまくってたし、太ってるし、けどなんかそういう次元じゃない。普通にTシャツにデニムみたいな、そういうんじゃなくて、え、まじでそのキュロット中学生の時から履いてます!??????みたいな、え、ユニクロコラボのリサラーソンのトレーナー、部屋着じゃなくて普通に着てくるんや・・・っていうか、そのしまむらですら揃えたらそこそこ流行アイテムになるのに、そのシルエットのデニムというかGパンはいつ買ったやつなん・・・みたいな・・・

母親になるのにおしゃれかどうかは全然関係ない

今でこそめっちゃマイルドヤンキーな10個年下のママ友ができたりして、価値観の多様性というか、そういう幅が広がった私ですが、当時も決してだからダメとか、ダサいから終わってるとか、そんな女子高生みたいなことを思っていた訳ではありません。

けどキュロット履いてて2つくくりしてたりとか、人は見た目が9割というか、私は自意識過剰の塊なので他人にどう見られてるかが異常に気になる人間なので、おしゃれな人が大好きだし、あか抜けてる人が大好きなんですよね(自分はそうでもなくせに)で、2014年くらいからママ雑誌って増えててVERYまでいかないけどママガールとかなんかそういうプチプラ使っておしゃれとか、アメブロでも普通の主婦だった人がバンバントップブロガーになってる時期だったりとかで、ママでもおしゃれ!ママに見えない!ママでも金!みたいな風潮が(少なくとも私の中では)あったんですよね・・・

インスタ開けばみんなおしゃれな家に住んでるし、子供とおしゃれな写真撮ってるし、ブランドの服着せてたり、ママ友と集まって楽しそうだったり・・・そういうものに惑わされていた部分もあるんですけど、支援センターのママ達の、あまりの服装のかまってなさに、その時は衝撃を受けたのでした・・・そこにびっくりしてる時点でもうお先真っ暗ですよね。友達ってそんな作り方しないし。