地域のの祭りに参加しました

ママ友
Pocket

地域の秋祭りに参加しました





この時期になると、保育園のジャングルジムを太鼓台(もしくはおみこし、もしくはちょうさ)に見立てててっぺんでよいやさ~とかそれそれ~とか太鼓台の掛け声に合わせて太鼓台ごっこを興じる子供が増えます。風物詩です。保育園にも獅子がきてみんな大泣きするのが秋、獅子のお面や工作を持ち帰ってくるのが秋、とにかく秋は街は祭り仕様になります。わざわざ獅子の工作を毎年するって・・・wそして家の前を太鼓台が太鼓を鳴らしながら通って神社に向かいます。一日中トントントントン音がします。息子も、太鼓台きた~!ってベランダから見に行きます。

去年はただ見るだけでしたが

去年長男と初めて見に行ったんですけど、大きなおみこしがいくつも神社に入っていき、その神社のすぐ近くに保育園があります(というかなんなら敷地内)で、いつもは閑散としている神社なのにその時ばかりは大盛り上がり!な秋祭り。去年はただ見に行っただけなのですが、ママ友が子供と法被着て参加してる姿がちらほら・・・地元な方々はがっつり自治体などに参加していて、お祭りもがっつりかかわっている模様。で、参加できていいな~と聞いてみると意外と「名前書いただけで参加できるよ」とのこと。まじか。なら参加させてもらえばよかった。そんなことを思った2018年でした。

そして今年

今年も祭りの季節になってきた!なわけで、とりあえず夫の知り合いの人に聞いて、参加させてもらうことになりました。言ってみれば知らん地区に飛び込みです。アウェーです。が、法被着てると外から見るとあら不思議、地域密着、祭りに参加してる風に!

実際はその地区に住んでなければ知り合いもいないんですけど。集合場所に行くと保育園の子がちらほらいてましたけどね~さすが地元。祭りについての考察というか、夫も自分の地元の祭りがある人なので一家言あるんですが、長くなりそうなのでいつか書けたら書きたいと思います。

私はニュータウン育ちで地域の祭りがなかったので、秋になると保育園に獅子がきたり、祭りばやしが聞こえてきたり、近所の人がみこしかついでたり、保育園の友達に神社で会ったり、そういうの、いいな~と思います。残念ながら住んでる場所では神輿もないので、無理やりいれてもらったわけですが。経験として・・・が、やはり期待を裏切らないうちの長男。そこまで愛着もないし、いつもどおりお菓子のことで頭がいっぱいで神輿どうこうよりりんごあめ食べたことのほうがよっぽど楽しそうでした。もっと小さい子でも、その地域で育った子は〇〇~~~!!!って大人神輿の名前を呼んで熱狂してました。あれが俺の地区の神輿だよ!!!かっこいい!父ちゃんもかついでるし!みたいなかんじですかね。うちの子は多分地元愛とかマイルドヤンキータイプじゃない気がする・・・祭り、どうでもよさそう。親の心、子知らず・・・

ママ友にも声かけたよ

こういう祭りって地元じゃないと、一緒にいこ~とかまずならないですよね。ほんと。他県から来た私は、まず地元の友達がいないから誘われることもない。ほんとーーーーに都会から地方に来るとこういうところが不便というか、いちいち誰かにお願いしたり、聞いてみないとわかんないことだらけ。習い事だって、お祭りだって、小学校のことだって、病院のことだって、全部。だからママ友を作らないと超しんどいと思う。気軽に聞けて便利なことってほんとにあるから。だから、ママ友いるとかいらないとかっていうよりライフラインなんだよね・・・・別に仲良くしなくていいから色々聞ける人は作った方がまじでいいと思う。

で、だれにも誘われないから自分で飲み会企画したり、祭りに首突っ込んだりしてるわけで。今回も何人か誘ったけど、女子は興味がなさそうで・・・前にブログで書いた、旦那さんがバツイチ(孫あり)の人を誘ってみました。すごい喜んでくれて、貴重な体験ができたしありがとう、て次の日保育園でわざわざお菓子までくれました。それほどまでに誰かに感謝されることをしている私ってほんとうにちょーーーーー偉いですよね。(自己肯定感がひくいのでめちゃくちゃ自分を褒めるスタイル)だって本当にこういうのって、誘われないんだもん。だからやりたかったら自分で色々アクション起こすしかなくて、でも、実際それができる人とできない人がいるから、アウェイで住むのって本当にしんどい・・・